元社交ダンススタジオの再生リノベーションの事例

2Fzumen_3 3Fzumen

元社交ダンススタジオの再生リノベーションの事例です。 2、3のスタジオ内装工事のまとめです。

居抜はそのままでは使えない理由

DSCF4051居抜としてダンススタジオの情報をいただくことは多いのですが、ほとんどの場合 そのまま内装を使うことはできません。

その理由は、

①フローリングだと「ささくれ」や「ワックス」などの保守に相当の神経を使うため、多目的に使う場合は適さない

②閉鎖するダンススタジオはほとんどの場合、無駄なスペースが多く、スペースを有効に使っていないことが多い。

③ほとんどの既存のスタジオは、床が冷たく、衝撃緩衝性に欠けているケースがほとんど。DSCF4131

つまり、冷えやすく、怪我をしやすく、膝を痛めやすい。

④防音下地工事が十分でなく他の階に迷惑をかけているケースが多い。

 

ちなみに床の仕上げは、ダンスの種類やレッスン内容によって「何がベストか」は違います。

全てにOKという万能な床仕上はありません。

今回は、弊社独自のNSSAフロアー(防滑衝撃緩衝床)構造とし、上記の問題点を一気に解決することにします。

※NSSA Floor (Non-Slip & Shock-Absorbing Floor) (名称:防滑衝撃吸収床)
NSSA Floorは、スタジオスクエアが独自に開発した多目的ダンス用途向けの床構造です。着地時の「衝撃を吸収する」ことにより、「腰や膝の負担」を軽減することを目的としています。ダンスのインストラクターや高齢者にとって、共通の「悩み」である「軟骨への負担」を大幅に軽減します。また、高いジャンプに挑戦しても転倒しない、全力で走っても止まれる、ことを想定した「滑べりにくい床」となっています。さらに、床に横たわることが多い「体操」や「ヨガ」、裸足で踊ることが多い「フラ」などで求められる「床の冷え」や「雑菌」に対し、「冷えを感じさせない」「抗菌」の機能をもっています。

気分を一新するために、思い切って解体してしまう

DSCF4053

その際、よく議論の対象になるのが「原状回復」の問題です。

賃貸契約書上、原状回復義務はほとんどの建物で条件が付きます。

古びたものをお金をかけて綺麗にするわけですが、賃貸契約書上は「元に戻せ」という約束をさせられます。

「本当に戻しますか?」

とよく質問しますが、不動産管理会社にとって

内装は、「まったくイメージがわかないし、無価値に等しい」・・・わけです。

そんな時は、それ以上議論せず、

「内装が終わった時点で再判断する機会を設けましょう」

ということにします。

 

 

建物をどこを活かし、どこを改めるか考える

DSCF40713Fには大きな吹き抜けがあり、空が見えます。

「まるで教会のよう!」

この吹き抜けを極限まで活かしきることをコンセプトにします。

今回のテーマは「森の教会」とします。

フローリングの床はよく手入れされていますが、防音と保守性の理由で不採用としります。

レッスンバーも太すぎて設置量が少ないので「撤去」とします。

2Fはかなり細かい間仕切りがされ、狭く収益性がまったくありません。

ここは、思い切ってスケルトンリフォームにします。

nerima-kouji4

 DSC_2768             IMG_3882
 3F天井の右梁に間接照明を付けています  壁には壁画を描きました
 DSCF4066 SN3P0196
 Before

 After 全体に明るくなっています。

エアコンも交換しました

 DSCF4060 杉並だんす3F壁面2JPG
 Before After  手すりが長く細く交換されました
 DSC_2771  DSC_2772
 IMG_2979  IMG_2981
 2Fのスタジオを作っています 防音壁  鏡下地を作っています
 IMG_2619  IMG_2794
 3Fの床の振動対策、遮音対策をしています  床は衝撃緩衝の対策を施しています。これで膝が痛くなることはありません。
  IMG_3348  IMG_3404
 トイレ製作  待合や受付に使えるようにしています
 Lobby1  Lobby2_300x225
 床は最新のデザインを施しています  洗面台はオリジナルデザインです
 atrium_2F2       atrium2F4

 チモールの王様の家の扉を壁飾りにしました

本物です!

 2Fは広くなり、ヨガに最適なバリ風の仕上げの第2スタジオになりました。