防音工事の 工事費 施工費用 はどれくらいかかるの?

防音工事の 工事費 施工費用 はどれくらいかかるの?

防音工事の工事費は、各社ともそれぞれの工法や施工面積、目指す遮音性能によって相当な差がでます。

したがって、一概に比べることができません。

インフォレンではできる限り、価格をわかりやすく明快に示したいと考えています。

そこで、弊社で乾式RN工法で施工する場合の標準的な工事費を算出してみました。

防音工事費用の概算は、天井と壁、床の総面積と防音性能。

防音サッシや防音ドアなどの建具の数量や大きさで、ある程度、計算することができます。

実際には電気や音響配線、空調ダクトなど複雑なところもありますが、ここでは割愛します。

ライブハウスやピアノ練習室など防音にかかる工事費用の概算を知りたい時の参考にしてください。

防音工事の工事費 施工費用

防音工事を安くすることはできますか?

できます。

どこからどこへ防音したいのか?

それは本当にその性能は必要なのか?

壁天井床建具の防音性能のバランスは偏っていないか?

防音工法はどの工法が適切か?

などを見直していきます。

無駄を省いて防音対策のメリハリを付けることで、防音工事費用を全体的に安くすることができます。

プロ声楽家の為の防音室施工

プロとアマ。プロの音圧はアマと比べかなり大きな音圧がかかります。

サックスにしても声楽にしてもピアノにしても共通です。

予算が無いのはいつも同じですが(笑)。

24時間思いっきり演奏が出来る環境を手に入れること、それは全ての音楽家の夢です。

下の写真は大田区久が原での4.5帖 TC工法 施工費150万円の事例です。

三重防音サッシ。木製防音ドア2枚を含んだ施工価格です。

OP工法の場合で220万円かかる遮音性能レベルですが、インフォレントの独自工法TC工法で更に▲70万円を達成した事例です。

 

800bouon3

800bouon3