川口市の防音スタジオの施工事例

川口市の現場で生まれたのがRW工法です。

全6スタジオを施工しました。施工コストは2400万円でした。

一般の防音室と違ってドラムス対応にしているため、厚みや材質が全く違います。

現在、ドラムスやパーカッションなどの打楽器系の音楽防音スタジオとして利用されています。

川口市の防音スタジオ

広さが100帖以上、天井高も5m以上ある巨大なイベントホール。

音を出すお客さんも居る中で、その防音にかかる予算も巨大でした。

そこで採用したのがインフォレントが開発したTC工法。

施工面積が大きくなればなるほど、その圧倒的なコスト競争力は活きてきます。

イベントホールの防音工事

800bouon2-2

息子が上京する際に区分所有マンションを購入して防音リフォームし元本回収した事例

防音工事・施工事例

音楽用防音室の施工事例 区分所有マンション 練馬区桜台

息子さんが上京する際にお父さんが空のワンルームを弊社で探して購入。

購入後に防音リフォームして居住。24時間ピアノ演奏が出来る仕様で制作。

施工費は防音室以外の改装費と会わせて220万円。

その後、就職され、以降は防音賃貸物件として貸し出し中。

もちろん、資産価値は減っていません。

・借りた場合 4年間×10万円=480万円

・買って作った場合 220万円  その後賃貸で2年間 -10万円×2年間=-240万円

このお父さんは完全に元本回収しました。

三軒茶屋のダンススタジオ施工工事

ダンススタジオ施工 ダンススタジオ施工
三軒茶屋スタジオ・天井解体後の工事前の状態です。施工面積 約85平米前後です。 今回はインフォレントのオリジナル商品「バレエ用壁付けレッスンバー」を取り付けしました。
大人用と子供用の2段式になっています。
ダンススタジオ施工 ダンススタジオ施工
ダンススタジオが完成しました。 窓には自然の葉をイメージしたUV対応の特殊フィルムを貼りました。まるで森の木洩れ日の中にいるような気持ちになります。

3Fにあるため、床は振動対策を中心とした防音工事にて施工しています。施工:インフォレント

バリ風に創ったダンススタジオ内装工事

なんの変哲もないとある中野ブロ-ドウェイ近くの地下にある事務所。最初は下の写真の様な、あまり長居はしたくないようなつまらない空間でした。今回はこの空間に雌を入れます。

低い天井。どうしようか...。でも一つだけ遊べる空間があります。

「広いドライエリア」。今回はこの空間を活かすことを主題にしましょう!

低い天井を取り払いました。

梁を木目調にしてみました。ドライエリアとの間に「スライディング式鏡」を制作しました。

 

スタジオが完成しました。ドライエリアはトロピカルな憩いの空間に変身です。

 

クロマキー動画撮影ができるダンススタジオの内装工事

 

 

 

 

 

 

赤坂ダンススタジオの内装工事をやりました。元々、フラメンコスタジオの造作があったのですが、100平米超の割に有効面積が狭く、天井も低いものでした。

そこで・・・。結局悩みましたが、全部解体して作り直すことにしました。

 

レイアウト変更により、広さは約2倍になり、天井は50センチ高くなりました。床は15センチから5センチの高さに下がりました。有効天井高は55センチ高くなりました。

今回の壁床は、動画の合成撮影ができるグリーンバック仕様です。ちなみに合成動画では

こんなことができます。

さて、ここでどんな動画が誕生するのでしょうか? 楽しみです。

 

重量衝撃音、LH35への挑戦した世田谷音部屋スタジオの事例


フローリングの防音性能表示で『L45』などとよく見かけます。

このL値は対振動性能の目安として使われています。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、実は『L値』には『LL』と『LH』があります。前者はスプーンを落とした時の音ような『軽量衝撃音』、後者は子供がどすんと飛び降りた時の音のような『重量衝撃音』のことです。

インフォレントではLH35へ挑戦する施工を投入しました。フローリング部分が施行部分です。この地下スタジオはプロの音響設計士さんが設計されたものでしたが、ドラムスには無力でした。1Fでドンドンと聞こえます。良くあることですが、楽器によって防音スタジオの設計はまったく違います。特に重量衝撃音対策は腕の差が分かれます。

ドラムスはここに置かれます。

はたして、防音効果は?

1Fでは耳を澄ましてやっと聞こえる音にまで下がりました!

工事目的完遂です。

現在プロドラマーがご入居しています。

 

 

 

郊外の賃貸マンションの空室対策。防音スタジオによる有効活用事例

この物件の場合は3重苦の問題がありました。①天井が低い、②構造壁が部屋のあちこちにあり有効な面積をとれない、構造的に壁も床もスカスカ。③立地的に店舗は無理。

よくRC造でないと防音スタジオは無理と思っている方がいます。そんなに簡単に諦めないで下さい。木造でもALC造、S造でもできます。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

防音的にはかなりたいへんな工事でしたがうまくできました。リーシングも無事完了です。

 

 

ビル売却、空室で悩むオーナー、建設会社、不動産会社さんへ。防音スタジオによる満室ソリューション!

 

 

 

 

 

 

 

どこにでもあるような住宅地にある事務所ビル。狭い小道。とても店舗としてはテナント入居が見込めないようなビルってあります。そんな時はインフォレントを思い出して下さい!

インフォレントは防音工事の設計や施工もやりますが、音楽関係のテナントリーシングではかなり定評があります。

ある恵比寿にある不動産及び建設会社ビルオーナーから利回りが7.8%なんでなんとか8%に上げたい、という相談がありました。

さっそく、インフォレントでは音楽スタジオによる有効活用を提案し、この音楽スタジオによる有効活用プロジェクトはスタートしました。

費用は約600万円です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

工事はインフォレントの設計に基づき、ビルオーナーで施工しました。無事工事は完了し、テナントリーシングも完了。利回りも8%に届きました。ビル売却もうまく終わりました。

追記:テナントリーシング終了後に、音漏れがかなりあるというテナントからのクレームがありました。???おかしいなと思い、インフォレントが出動し、原因調査をしましたところ、問題点が2箇所ありました。①工事会社が指定されたドア部材を使っていなかった。②壁の石膏ボードが指定したとおりに組み合わされていなかった。

①、②とも旧オーナーは売却済みなこともあり、責任逃れしてしまいましたので、インフォレントで追加施工をしました。無事、音の問題は解決しました。

めでたし、めでたし。現在もフル稼働中です!

 

 

加圧スタジオからの改装事例

ビルオーナーがビル売却する準備として、自分で使っていた加圧スタジオを処分することになりました。加圧スタジオは近くの賃貸ビルに移転しました。同じ業種は避けたいというのが基本です。

 

 

 

 

 

 

 

場所は新宿駅西口、繁華街です。スタジオとして十分使えなくもない仕様ですが、インフォレントは知恵、手間とお金を掛けます!

 

 

 

 

 

 

 

左が施工前、右と下が施工後です。綺麗になりました!旧オーナーはとても喜んでいただきました。もちろんビルはすぐ売却が完了し、新オーナーが決まりました。めでたし。

どうしようもない位に荒れ果てた古ビルの地下室の有効活用事例

 

 

 

 

 

ある通販大手の上場会社からの地下活用の相談事例です。古ビルでかなりキテいました。

パイプ類も図面が無く、どれがどれなのか、使っているのか使っていないのかもわかりません。

 

 

 

 

 

 

一つ一つ生きているのか死んでいるのか、何の配管なのか、調査していきます。

 

 

 

 

 

 

解体工事が終わると、天井の穴塞ぎ工事、空調工事、LGS工事と進みます。

 

 

 

 

 

 

左が着工前、右が着工後です

 

 

 

 

 

 

左着工前、右が施工後です。配管は綺麗にまとめて隠してあります。

ちなみに防音ドアの様子です。

 

 

 

 

 

 

階段部分も左から右のように変わりました。

 

 

 

 

 

 

完成後の写真です。綺麗になりました!現在、フル運用中です!

 

3年間テナントが付かなかった貸し事務所の有効活用事例

はじめに借上相談があってさっそく見に行きました。

約2年間空室だったそうです。

理由は明快。梁下の高さが1.9mしかありません。背の高い人だと頭がぶつかってしまいます。

当然、天井高がないので断りました。

それから1年経過して・・・、再び相談がありました。

「なんとかして欲しい、費用は持つから!」と。

オーナーがそこまで言われるならと、こちらの心にも有効活用魂の「火」が付きました。

問題の梁高は救いようがありませんので、思い切って壁にしてしまうことにしました。

梁に沿って防音壁を作っていきます。

防音ドアも入れます。

 

結果的に3色のカラフルなスタジオが

できました。

運営の方も、ほぼ予定通り、1年間くらいで立ち上がりました。

現在、フル稼働しております。オーナーも大変喜んでいます。

めでたし、めでたし。

 

 

個人レッスン用ダンススタジオの施工事例

知人からどうしても借り上げてほしい、

という相談を受けました。

初めて観た時の様子です。

窓が無く薄暗い個室が5つくらいあります。

ネットカフェだったようです。

天井も2.2mしかありませんでした。

どうするか・・・・。

とりあえず、やってみましょうということで、解体してみます。

こんな感じです。

更に解体を進めると・・・

なんと

 

 

こんな素敵な眺望が見える窓が出てきました。

なんで隠してしまっていたんだろう・・・。

もしかして、ネットカフェって暗いビジネスなのかな。笑

 

改装工事が終了して、現在、こんな感じになっております。

少し狭いけど、個人レッスン用としては十分な広さです。

部屋が喜んでいるのが聞こえます。

 

 

1 2 3